男の人と女の人

大切な人に思いを伝える|婚約指輪はランキングを利用しよう

詳しくなろう

指輪

どんないきさつで

結婚したい相手に婚約指輪を贈る習慣というのは非常に歴史が古くて古代ギリシャ時代までさかのぼります。その時代は家同士の結婚という意味合いが強く、妻をもらう場合にお金を支払って指輪が証拠の品として渡されました。現在ではそういった風習は一般的になくなっていますが、指輪を渡す風習だけが現在まで残っているのです。しかしこれはヨーロッパでの話で、日本では近代まで全くそういった風習はありませんでした。日本で婚約指輪を渡すようになったのは1960年頃からで、当時は結納の一部として渡していました。また石の種類も真珠だったり誕生石だったりと現在と違う贈り方をしていましたが、CMなどの影響もあり現在のようになっています。婚約指輪ではダイヤモンドが1番人気でそこに様々なアレンジを加えたものが人気になっています。

購入時のポイントは

婚約指輪を選ぶ際のポイントはいくつかあってその中の何を重視するかで優先順位が変わってきます。まず気になってくるのが世間の平均的な購入基準で、これは価格や大きさや透明度などがどの程度かという事です。こういった指輪の価値を示す数値が1番人気のある辺りの価格は30万程度になっています。他にも一生に一度の買い物ですから、憧れのブランドで購入する事もあるかもしれません。ブランド品は商品イメージや価格帯などをしっかり理解して、比較して購入していく事が大事です。婚約指輪のデザインもイメージを決定する大きな部分になるので、事前の比較を忘れないようにしましょう。また、婚約指輪で人気のダイヤモンドは4Cという品質基準があるので、この数値を確認して購入するのもいい方法です。